大きく4種類に分けられる債務整理方法

債務整理とは、何らかの理由により通常の返済が難しくなった高額の多重債務を解消する手段の総称であり、4種類に大別出来ます。

債務整理のうち最もポピュラーな手段が任意整理です。

裁判所を介さずに和解可能なことが最大の特長です。

クレジットカード会社や消費者金融などの債権者と直接交渉を行い、現実的な返済方法を策定します。裁判所を介さないため債務者の負担が少ない反面、債権者との交渉を一般人が行うことは現実的に難しく、弁護士や司法書士のいずれかに依頼する必要があります。

特定調停とは、裁判所認定の調停員が仲介する方法で、返済期間は3年が主流です。
裁判所を介す必要がありますが、弁護士や司法書士に依頼する必要がないため、安価に利用出来ることが利点です。


3つめが民事再生と呼ばれる債務整理方法で、さらに自営業者向けと給与所得者向けの2種類に分けられます。

いずれも長期的には返済可能な個人のみ利用可能で、その期限は特定調停同様3年程度が基本です。



これらの手段を用いても返済不可能な債務を抱えた人物が最後に利用する債務整理方法が自己破産です。



非常に強力な手段であり、税金を除いたほぼ全ての債務を帳消しに出来ます。



ただし自己破産を利用した場合、官報に住所と名前を記載されてしまうため、勤め先や知人に破産したことが知られてしまう恐れがあります。

このように一口で債務整理といってもその内容は大きく異なるため、自身の負債状況に適した手段を選ぶ必要があります。